【Access】「ACCDB形式」のファイルを開く方法【MDB形式に変換】 - ゲームは遊びです!!!
2016/05/25

【Access】「ACCDB形式」のファイルを開く方法【MDB形式に変換】

当ブログのコメントは匿名投稿可能です。
【ラカトニア】総結集 → 【さようなラカトニア】
 ← クリック応援よろしくです^^

【ラカトニア】キャラデリから復活できた経緯 ← ♥ラカトニア関連最新記事♥

思い出アルバム完成したよ!【さようなラカトニア】

「ラカトニア」総集編!
ここにラカトニアをすべてのコンテンツを詰め込みました!




タイトル通りです。

最近、あれもこれも手を出してて、やること一杯状態。
どれも中途半端だな・・・(^^;

私のPC環境は現在以下となります。

以下でしたw

・Windows10
・Office2003






一年くらい前にPCを新調したのはいいが、ソフトウェア系は高いしってことで放置していました。

そっからの話です。

Accessの勉強をしようとしたら、ファイルが開けないってはめにw

原因としては以下なんですけどね。

・Access2003以前 MDB形式
・Access2007以降 ACCDB形式



拡張子が変わっていたとは・・・。

せっかく、教材も買ったのに・・・;;







教材代以外は無料で行きたい私は、あれこれと試行錯誤をするわけです。

備忘録てきなアレです。


1.「Access 2007 Runtime」をインストール

→開けなかったw

2.「AccessTableViewer(フリーウェア)」をインストール

→「1」同様で開けなかったw


ここであきらめ、以下方針に。

1.「Office2003」を「アンインストール」する。
2.「試用版」ダウンロードして、インストールする。
3.「ACCDB形式」を、「MDB形式」にして、再度「Office2003」に戻したらよくない?



ということで実行しました。




「試用版」つかうなら、「Office2013」だなと思っていたら・・・。

これも、ダメw


「Office365」のページに飛ばされてるwww

※「Office2013」試用版候補にしたのは、「Office2016」と「Office365」は今後のために取っておきたかったため。
※だが、「2016年5月25日」時点では、「Office2016」化しちゃってるんですね・・・。


あきらめて、「Office365(Office2016)」試用版(30日)をインストールしました。






結果として、「ACCDB形式」でひらけましたが、以下現象がw

20160525MDB形式にした結果



「MDB形式」に変換したら、「テーブル」しか残らんかったw
「テーブル」だけしか残らないんだったら、「Excelでインポート」しても一緒だろとwww
「クエリ」がいないとさみしいですw

教材用のテーブルだったら、行数的にもいけるし。




結論しては、

「Office365(Office2016)」に変更しようぜ!

となりましたとさ。


「Office2007」を入れるに躊躇した、デカデカ「リボン」感がなくて、抵抗が薄れました。

「Excel2016」もこの使いやすそうな感じ。

20160525Excel2016画面




ここまで書いて結論となりますが、「Office2003」とかは、入れ替えたほうがよさげです、というか入れ替えましょうw


入れ替える際には、「Office2016」と「Office365(Office2016)」との損益分岐点ですが、「Office2016」買ってよかったって思えるのが、「3.5年」かなという感じです。

お好みでどっちでもいいと思います。


私は以下に魅力を感じて、「Office365」にしました。

「クレジットカード払い」のみ対応にはなりますが、「月額払い」でつかえるのがうれしいなと。
それと、常に「最新版」が使えるってところですね。

※「一か月間試用期間」といいながら、「クレジットカード情報」必須です(^^;
※Access使いたかったら、月額1500円弱。



「Office2016」だったら、一回支払いしたら、7年位は使えると思う。
「現金」でお支払いって手もあるしね。




一か月使ってみて、「Office365(Office2016)」が受け付けられなかったら、潔くアンインストールしまっすw

備忘録ここまででした。
関連記事







コメント

非公開コメント