【無料で構築】Windows Server 2016をインストールしてみた【Vmware】 - ゲームは遊びです!!!
2016/06/03

【無料で構築】Windows Server 2016をインストールしてみた【Vmware】

当ブログのコメントは匿名投稿可能です。
【ラカトニア】総結集 → 【さようなラカトニア】
 ← クリック応援よろしくです^^

【ラカトニア】キャラデリから復活できた経緯 ← ♥ラカトニア関連最新記事♥

思い出アルバム完成したよ!【さようなラカトニア】

「ラカトニア」総集編!
ここにラカトニアをすべてのコンテンツを詰め込みました!



最近はPCのリカバリ中にミスったり等々で、ぐったりしておりました。

無事PCが復活したので、記載します。


今回は「ゲーム」ではなくて、「Windows」ちゃんと遊びました!



「Windows Server」って高いでないですか!

「無料」で使える方法があるのです。


サーバー用PCも高いですよね。

それすらいらない、システムなんですよ。


しかも、「コマンドプロンプト」とか「PowerShell」でコマンド打ち込んで、必死になって、「GUI化」させなくていい方法です!



拡大版


以下を準備します。

・VMware Workstation 12 Player
・Windows Server 2016 Technical Preview 5(2016年6月1日リリース)






「VMware」っていうのは、「仮想化ソフト」です。

自分の「PC」の中に、別の「OS」をインストールして、検証に使えたりします。


「イメージ」がわかない人は「動画」をみてください。

今回は「Windows Server 2016」を使いましたが、「Windows10」「Windows8.1」「Linux」等々、好きな「OS」入れて、遊べちゃいます。

※「VMware」は商用利用でない限りは「無料」です。



「2016年6月1日」にリリースされた「Windows Server 2016」も、「試用版」として「無料」で利用可能です。

ただし、今回以下の制限が付きました。

有効期限は:2016年12月31日




ずっと無料だったらよかったのに・・・。

残念です・・・。




手順は以下になりますね。


1.以下より、ISOイメージをダウンロード

Windows Server 2016 Technical Preview 5 ← ここをクリック!

→14300.1000.160324-1723.RS1_RELEASE_SVC_SERVER_OEMRET_X64FRE_JA-JP.ISO


※上記URL内の「インストールの前に」に、プロダクトキーの記載がされましたので、一読を。
※有効期限は「2016年12月31日」らしいです。

2.外付けHDDに「1」にてダウンロードした「ISOファイル」をコピーしておきましょう。


3.あとは動画参照。

この作業だけで「GUI認識」してくれます。

「コマンドプロンプト」で「PowerShell」を起動して、泣きながら「GUI化」させる作業から卒業できました。


ありがとう、「Microsoft」!




「Hyper-V」も試したかったのですが、「Windows10Home」のため利用できません;;


【追記】
「Administrator」の「Password」は、「パスワードポリシー」に準じたものにしてください。

例)pass-1234







今回は「真面目」で「マニアック」な動画になってしまった。

たまには「真面目なネタ」もいいのですが、そろそろ「ゲーム実況」動画がとりたいところ・・・。

関連記事







コメント

非公開コメント